もう使えない?古くてボロボロのシャネル
でも高額買取りをお約束!

シャネル製品を送れば即、現金買取り!
全国送料無料で他店より10%以上高い買取。とびきりの査定であなたを幸せにします。
汚れてても、傷があっても大丈夫!
ボロボロのシャネルの直近の買取実績をご紹介!シャネルの買取ならタマの宅配買取をご利用下さい!

【買取タマ】ボロボロのシャネルの買取実績

内部にベタはがれのあるシャネル マトラッセ パテントレザー バッグ
内部にベタはがれのあるシャネル マトラッセ パテントレザー バッグ

買取価格
50,000円

・シール有番号不鮮明
・留金具不良
・表面に貼り付き跡
動かないシャネル プルミエール ゴールド 時計
動かないシャネル プルミエール ゴールド 時計

買取価格 70,000円

・Lサイズ
・バンド革擦れ&汚れ
シールカードの番号不鮮明なCHANEL Wフラップ23 ラム チェーンショルダー
シールカードの番号不鮮明なCHANEL Wフラップ23 ラム チェーンショルダー

買取価格
90,000円

・内部ベタはがれ
・全体に擦れ傷と変色有
・チェーンショルダ約88cm
ソールがすれてハゲているCHANEL ラムスキン マトラッセ ミュール
ソールがすれてハゲているCHANEL ラムスキン マトラッセ ミュール

買取価格 30,000円

・ヒール約4cm
・サイズ37
・型番G35903
型崩れや色落ちがあるシャネル ニュートラベルライン チェーンショルダ
型崩れや色落ちがあるシャネル ニュートラベルライン チェーンショルダー

買取価格 120,500円

・7番台(2001年製)
・内部にカビ
・チェーンショルダ約52cm
 穴があいてるシャネル キャビアスキン・財布
穴があいてるシャネル キャビアスキン・財布

買取価格
6,000円

・汚れ変色&付着汚
・経年ダメージ
・かぶせ汚れ変色
裏のパットがなくなった古いシャネルのイヤリング
裏のパットがなくなった古いシャネルのイヤリング

買取価格
14,000円

・メッキはがれ有
・腐食
・傷有
シャネル ヴィンテージクラシック・ネックレス・ペンダント
シャネル ヴィンテージクラシック・ネックレス・ペンダント

買取価格
40,000円

・傷有
・変色
・サビ

シャネルは非常に人気の高いアイテムが多く取り揃えられています。

みなさんも、1つはご自身のアイテムとしてお持ちになられているのではないでしょうか。

しかし、昔に購入したシャネルがお家の中で眠っていて、もう使わなくなってしまっているアイテムなどありませんか?

また、お気に入りのアイテムであったため何度も使用している間にボロボロになってしまって使わくなってしまったというアイテムもあるでしょう。

使えないから捨ててしまおうと考えている方はちょっと待ってください。

そんなもったいないことをする前に、もう一度考え直して売ることを考えては如何でしょうか。

本記事では、シャネルは人気の高いブランドであるため、ボロボロになってしまっても高く売れることについて詳しくご説明します。

 

シャネルがボロボロになっても高く売れる理由とは

シャネルは、ボロボロになってしまっても高く売れるアイテムとして取り扱われています。

それは、どんな理由があるから高く買い取ってくれるのでしょうか。

ここからは、シャネルがボロボロになっても高く売れる理由について項目ごとにご説明します。

 

伝統ある歴史

シャネルの歴史とは、今から100年以上前の1910年にまでさかのぼります。

創業者はココ・シャネルであり、パリに帽子を専門的に取り扱うブティックとしてシャネル・モードを設立したことがスタートとされています。

シャネルは、ヴィトンやエルメスといった同様の高級ブランドとは少し異なる趣があります。

非常に人気の高いシャネルはハイブランドとして位置付けられながらも、特に若い女性でもがんばれば入手可能である価格帯に設定されているコストパフォーマンスが魅力的です。

また、デザインはシンプルなものが多くつけ心地の素材の良さが大きな特徴として人気を博しており働く女性から大きな支持を得ているブランドとしても有名となっているのです。

これらの背景には、創業者であるココ・シャネルによるいつも新しい価値観を創造していく強さや生き方が強く顕現されていると言え、シャネルを一流ブランドにまで一代で成長させた他のブランドと比較すると一線を画する歴史があります。

1900年代では、第二次世界大戦が勃発していたこともあり、戦争の大きな影響を受けて一時はシャネルとして展開していた店舗が全店閉店まで追い込まれてしまった局面もありました。

しかし、1950年代には再びシャネル・スーツを新たに発表して鮮やかな復活を果たしています。

なお、シャネルの創業者であるココ・シャネルは1971年に亡くなりました。

これらの歴史からも伺えるように、シャネルとはまさに創業者であるココ・シャネルによる激動の人生を色濃く表しているブランドであると言え、現在においても高い人気を博しています。

 

日本で確立された人気

実は、シャネルはずっと高い人気を保ったままではありませんでした。

シャネルの創業者であるココ・シャネルが1971年を亡くなってから約10年もの間はシャネルにとって低迷期だったのです。

その窮地を救ったのが、1983年にシャネルのアーティスティックディレクターに就いたカール・ラガーフェルドだったのです。

新たなシャネルの主となったラガーフェルドは、これまでに培われて来たココ・シャネルのスタイルを良い意味で脱却しました。

これまでの伝統あるデザインをメインとしたものではなく、現代的に洗練された若さやゴージャスさなどを前面に押し出したアイテムを捜索することによって、低迷期から見事に脱却することができたのです。

これと時期を同じくして、日本へとシャネルが進出して来ました。

この時代においてはも、日本はまさにバブルの最盛期へと向かっている最中であったことから、日本経済は発展と勢いを兼ね備えており、それらの時代背景もシャネルにとってはプラスへと働いた結果、シャネルの人気は日本において瞬く間に広がったのです。

1990年代には、マトラッセのチェーンショルダーおよびバニティバッグ・J12・プルミエールなどが人気を博し、自身を誇示するかのようにそれらの腕時計を装着したOLや大学生が増えて行きました。

また、それだけに留まらずキャビアスキン・エナメル財布・ブローチ・ピアスといった小物やアクセサリーに分類されるものも含めて、全身を全てシャネルで統一したティーンエイジャーが誕生し、街中を席巻していたのでするそれらの減少から、当時はシャネラーと言われる社会現象まで巻き起こしました。

このようにして、シャネルは高い人気を誇るようになり日本国内において確立されたブランドの地位を固めることに成功したのです。

その人気は一過性のものではなく、現在にまで続いており人気のラクジュアリーブランドとして老若男女に対して愛され続けているのです。

 

ヴィンテージでも価値がある

シャネルは、ボロボロになり古くなってしまっても価値があるものとして有名です。

その背景には、1980年から1990年代において特に若い女性に高い人気を誇っていたことに起因します。

1980年から1990年代において特に人気を博していたモデルは、現在においてはヴィンテージものとして取り扱われていますが、長い時を経て現在においては再び若い世代を中心としてヴィンテージシャネルの人気が高くなっているのです。

そもそもヴィンテージとは、発売以降30年~100年程度の年月が経ったアイテムとして定義づけられています。

なお、100年以上の年月が経ってアイテムについてはアンティークと称されることもありますがファッション業界においてはそこまで正確な定義としては位置付けられていません。

それでは、ヴィンテージシャネルとどのようにして再び人気を博すようになるのでしょうか。

その火付け役として活躍しているのが海外セレブおよび著名人です。

世界的に認知度の高い有名人が古着屋およびリサイクルショップなどで安価に販売されているヴィンテージシャネルのアイテムをおしゃれにファッションへと導入すると、SNSなどの媒体を通じて世界中へと拡散され、特に若者を中心として人気が高くなりブームを引き起こすのです。

ヴィンテージシャネルは、既に生産中止となっているアイテムも多いことから、他人と重複しない確率が非常に高く、自分だけの個性的なおしゃれとして知り入れることができます。

また、古着屋およびリサイクルショップで販売されていることから価格帯は新品と比較すると非常に安価である傾向にありますので、シャネルというハイブランドアイテムを少しでも多く身につけたいと考える若者の思想とも合致することから、ヴィンテージシャネルに高い価値が生まれるようになっているのです。

例えば、宝石イミテーションを使用したトレンド性が高い存在感のあるデザインが特徴的なコスチュームジュエリーなどは、ヴィンテージシャネルとして高い人気を博しています。

シャネルが手掛けるコスチュームジュエリーは、本物の宝石よりシャネルの作ったイミテーションの方が良いとシャネルが言い切るほどの自信あふれる精神論もコンセプトとして盛り込まれていることから、さらに人気を博しているアイテムと言えます。

当然、販売されてから長い年月が経っていますので経年劣化等にともなってコーティングが少々剥がれている場合もありますが、長年愛されて来たシャネルのアイテムとしてヴィンテージ独特の風味であると捉えることができます。

コスチュームジュエリーの中でも、ココマークと称されるCCマークが強く前面に押し出されているデザインは特に人気を博しており、ヴィンテージジュエリーならではのレトロな雰囲気とシャネルのブランドロゴがあしらわれているため、ファッションに導入することによっておしゃれ度が増すと特に若い女性の間で人気を博しています。

このように、シャネルのヴィンテージには高い人気が集まっていると言えるのです。

 

クオリティの高さ

シャネルの製品は、原則自社工房にて生産されています。

生産を外注せずに自社工房で品質管理していることから、その品質の高さには定評があるのです。

理由の1つとして挙げられるのが、M&Aに伴って名門および有名ブランドの技術・ノウハウをこれまで培ってきていた経緯が非常に大きいと言えます。

現在のファッション業界において、M&Aとはブランド戦略を成功させるための重要な手法であると言えます。

M&Aとは、非常に大きなコングロマリットを形成したうえで小さい企業は巨大資本に組み込まれることで安定した基盤を構築することが可能となります。

1985年以降においては、フランスでは名門として有名な刺繍工房であるルサージュおよび靴工房であるマサロといった企業を買収して、合計10社の技術力をシャネルへと結集しました。

その後、メティエ・ダールラインを2002年から開始したのです。

メティエ・ダールとは、フランス語で「職人たちの芸術」と訳されます。

生産手法においてオートメーションを導入していては再現不可能となるような製品が造れることが最大の特徴であり、大量生産とは真逆の考え方を持ったクラフトマンシップを精神論として掲げるシリーズです。

また、シャネルでは時計メーカーの名門として有名なスイムウェアメーカーなども傘下に入っているのです。

シャネルが行うM&Aの大きな特徴は、敵対的買収を行わないということです。敵対的買収では禍根を生んだままとなってしまい、良い製品を造ることは難しいと言えるでしょう。

しかし、シャネルでは買収することに成功したブランドの名前・コンセプト・理念など、まさに元のブランドの思想を最大限に活用できるよう共存の道を選択しているのです。

シャネルのM&Aには、甲乙対等の関係性が構築されていると言えるでしょう。

なお、上述した対等性が伺える事例の1つとして、シャネルは傘下に入った工房がシャネル以外の他社からの仕事を受注することを許可しているのです。

傘下に入ったブランドのの独自性および技術力を最大限に尊重することによって、シャネルに対して傘下のデザイナーたちがアイデアおよび技術を最大限に発揮してもらって貢献してもらうことを大切に考えているのです。

シャネルのM&Aに伴う考え方のおかげで、シャネルが手掛ける製品は上質でラグジュアリーな高品質の製品を多数生み出していると言えます。

これら伝統技術は、一長一短で身に付くものではありません。長い年月をかけて培われた技術と後世に伝える技術継承の仕組みがあって初めて成り立つものです。

伝統技術を大切にすることによって、シャネルの財産になることは当然ですが技術が適切に温存され、長い年月に渡って高品質の製品を作り上げることができるます。

技術の大切さをを誰よりも深く理解しているシャネルだからこそ、構築できている手法であると言えるでしょう。

上述したように、ブランドにおける高い技術力とはに起因する高品質は買取市場における人気ブランドの条件として必須であると言えます。

高い技術力によって生み出された製品は、大量生産されている廉価製品とは一線を画するものであり、デザインはもちろんのこと耐久性などにおいても高く評価できるものが多くなっています。

そのため、製品の経年劣化が少ない傾向にあります。

また、長期間使用することを前提として長く使うことが前提として製品化されているため、多少の不具合であれば修理して再度使えるようにできるケースが多くなっているのです。

 

まとめ

ここまで、シャネルは人気の高いブランドであるため、ボロボロになってしまっても高く売れることについてご説明させて頂きました。

シャネルの製品は上述したように、伝統ある歴史・日本で確立された人気・ヴィンテージでも価値がある・クオリティの高さによって人気を博しています。

これらを理由として、ボロボロになってしまっても高く売ることができるのです。

本記事が、シャネルアイテムの購入や売却をお考えになられている方にとって少しでもお役に立てたのであれば幸いです。