エルメス、シャネル、グッチ、ヴィトンのブランドスカーフを高く売るなら買取タマ

スカーフの宅配買取ならお任せください!
世界的ブランド(エルメス、シャネル、グッチ、ヴィトン)人気の柄やに古いもの、大判・ハンカチーフなどをはじめすべて高価買取!
ブランドスカーフの宅配買取は、信頼と実績の買取タマへお任せください!

大切に使っていたブランドスカーフを売りたいけどどこのお店に売ればいいか、悩んでいませんか?
あなたの「高く売りたい!」という想いを高価買取で実現します。

ブランドスカーフの買取価格

HERMES スカーフ カレ90
HERMES スカーフ カレ90

買取価格
25,000円

・約88×88cm
・すれ&よれ&汚れ
・しみ
LOUIS VUITTON モノグラム・スカーフ
LOUIS VUITTON モノグラム・スカーフ

買取価格
12,000円

・糸つれ有
・型番M78656
・全長約118cm幅約8.5cm
すれ&汚れがあるクリスチャンディオール スカーフ
すれ&汚れがあるクリスチャンディオール スカーフ

買取価格
12,000円

・幅約76×76cm
・よれじわ
・しみ
タグ一部社外縫製 フェンディ スカーフ ネックウェア
タグ一部社外縫製 フェンディ スカーフ ネックウェア

買取価格
10,000円

・約64×64cm
・保存袋有
・すれ&よれ&汚れ
グッチ×バレンシアガ ハッカー GG ツイリー スカーフ
グッチ×バレンシアガ ハッカー GG ツイリー スカーフ

買取価格
20,000円

・未使用
・全長約86cm幅約10cm
・型番676777
タグ一部社外縫製のCHANEL スカーフ
タグ一部社外縫製のCHANEL スカーフ

買取価格
5,000円

・よれじわ
・しみ糸つれ
・92cm×92cm

みなさんは、各種ブランド品はお持ちですか?

バッグ、財布、アクセサリーなどブランド品にはさまざまな種類のアイテムがあります。

また、ブランド名についても超一流と呼ばれるブランドはたくさんあります。

その中でも、現在においてエルメス・シャネル・グッチ・ヴィトンのブランドにおいてスカーフが大人気なのをご存知でしょうか。

大人気であるということは、それだけ需要が高いとも言い換えることができます。

需要が高いということはイコール売却時において高く売れるということです。

本記事では、エルメス・シャネル・グッチ・ヴィトンのスカーフがなぜ今高く売れるのかについて詳しくご説明します。

 

スカーフとは

まずは、スカーフの概念についておさらいしておきたいと思います。

スカーフの主たる利用用途は、頭や首に巻いたりして使用します。

オシャレ度を上げるためのアイテムであると同時に防寒対策などにも効果的であると言えるでしょう。

また、オシャレさをアップさせるための使い方として、アクセントの要素を期待してバッグに巻いたりする使い方もおすすめです。

一般的なバックでさえ、スカーフを巻くことで非常に印象を変化させることができます。

また、自分の気分に合った洋服コーディネートに合わせる形でスカーフの色をチョイスすることによって全体的に統一感を醸し出すことができますので、見た目を非常にオシャレに魅せることができるのです。

スカーフの形状は、一般的に正方形となっており、主たる素材は布となっています。

イメージとしては、ハンカチをそのまま大きくしたよう形状と言えるでしょう。

素材となる生地は非常に薄手であり、シルクおよびコットンなどの化学繊維を素材として採用されています。

職業的にスカーフを多用していると言えばキャビンアテンダントなどが真っ先にイメージできるのではないでしょうか。

また、学生が着用するセーラー服などでもスカーフをリボンとして活用しているケースもありますので、女性にとっては身近なアイテムであると言えるでしょう。

上述したように、スカーフの利用用途はシーンに合わせて幅広く選択できるため、使い勝手の良いところも高い人気の要因であると言えるでしょう。

 

スカーフの価値とは

セレクトショップなどを含めて、一般的な服飾関係のお店ではスカーフを取り扱っていることは多いとされています。

それだけ色々なところで販売されているということは需要が高いということですが、残念ながら普通のスカーフを買取査定に出したとしても高値で査定してくれることはほとんどありません。

スカーフの需要は高いとされながら、他のアイテムとしてバッグなどと比較するとそこまで需要が高くないことも要因の1つです。

また、主たる素材が布であることも起因しており、素材が布であれば染みや汚れといった経年劣化が顕著に見られることが多いからなのです。

以上のことにより、ノーブランドのスカーフであれば売れたとしても数百円から数十円程度で買い取られることが一般的であると言えるでしょう。

なお、スカーフの状態や素材が劣悪であったりデザインが万人受けしないようなものであれば買取不可となるケースもあります。

一方、エルメス・シャネル・グッチ・ヴィトンなどの一流ブランドであれば、ノーブランドとは扱いが全く変わって来ます。

これら一流ブランドでは、スカーフに対する世間一般での評価も高くなっていますので、数千円から数万円で買い取ってくれることも珍しくありません。

上述したように、エルメス・シャネル・グッチ・ヴィトンの4ブランドはスカーフの人気も非常に高いことで有名であり、他のブランドと比較しても査定の値段が高くつくことが想定されます。

スカーフは毎年どんどんと新しいデザインのものが販売されていますので、直近に販売されたものであればあるほど買取査定額は高くなる傾向にありますが、少し昔のスカーフであっても状態が良好であれば高値で買い取ってくれることも多いため、検討されてみては如何でしょうか。

 

各ブランドにおけるスカーフの特徴とは

上述したように、エルメス・シャネル・グッチ・ヴィトンのスカーフは人気が高いことから需要も高く、高く売れるアイテムであると言えるでしょう。

どのブランドも誰もが1度は耳にしたことがある超一流ブランドです。

そこには各ブランドのコンセプトなどが如実にデザインとして現れており、各ブランドにおいてそれぞれ特徴があります。

ここからは、各ブランドにおけるスカーフの特徴について詳しくご説明したい思います。

 

エルメス

エルメスが商品展開しているスカーフは特徴は、何と言っても高品質のシルクで再現されている光沢感です。

触った感触としては一級品である良質のシルクを素材として採用しており、そこにエルメスのコンセプトを感じ取れるデザインで構成されているスカーフは、美しく洗練された柄がとても印象的なアイテムであると言えるでしょう。

エルメスで商品展開しているスカーフの中でも、人気の1品と言えばCARREです。

若干大きめとして捉えられるサイズは90センチ×90センチの正方形となっています。

なお、エルメスにおいてスカーフはCARREだけではなく他にも形状が違うスカーフがあります。

違った慶事用のスカーフとは、次のとおりです。

 

ツイリースカーフ

ツイリースカーフのサイズは、5×85cmの細長い長方形タイプの形状となっています。

形状が非常に細長いため、CARREとは違ってリボンを模したように頭や手首に付けることが可能です。

また、バッグにワンポイントで付けることによってオシャレさを向上させることも期待できるでしょう。

この形状でのメリットは、細長いことから使用しないときにはあまり折りたたむ手間がかからないことです。

そのため、急いでいるときなどは手早く収納することができるでしょう。

このスカーフは、1枚のシルクから出来上がっており、内側から縫う手法である筒縫いを採用していることからステッチが表面上見えなくなっている配慮があります。

このあたりの気配りについても、エルメスの気遣いが感じ取れるところではないでしょうか。

 

プリーツスカーフ

プリーツスカーフは、菱形に設置された1枚のスカーフに対して、114本という大量のプリーツが取り付けられています。

これらの事実からも分かるように、プリーツスカーフを完成させるまでの間に必要とされる労力は相当なものであると言えるでしょう。

プリーツスカーフの製作工程において、設置しているプリーツを約100度の高温で蒸しています。

こうすることによって、更に品質の高いスカーフを製造していることからエルメスで活躍している職人のこだわりを実感できるスカーフであると言えるでしょう。

 

シャネル

シャネルのスカーフもさまざまなデザインのものが商品展開されていますが、一番の特徴はココマークと称されるシャネル独自のロゴが至るところにちりばめられた柄のものであると言えるでしょう。

また、動物柄やチェーン柄と言った個性あふれるデザインのスカーフも人気となっています。

なお、スカーフの素材についてもシルク・カシミア・コットンといった多種多様なものが採用されています。

 

グッチ

シャネルのスカーフもさまざまなデザインのものが商品展開されていますが、一番の特徴はグッチオ・グッチの考案した自らの頭文字をあしらったダブルGのモノグラムが付いているところであると言えるでしょう。

誰しもが憧れるグッチのスカーフでオシャレさをアップさせてみては如何でしょうか。

 

 

ヴィトン

ヴィトンのブランドは、他のブランドと比較すると洗練された一貫性が最大の特徴であると言えるでしょう。

実例を挙げると、ヴィトンを最も象徴していると言っても過言ではないモノグラム柄を採用していたりチェック柄を採用しているスカーフが多いと言えます。

これらのデザインは、ヴィトンならではの華やかさとシックな雰囲気が同調していると言えるでしょう。

スカーフの中でもリボンスカーフに該当するシリーズでは、スカーフの形状は基本的に正方形といった概念を破壊しており、リボンであるかのような長方形の形状が特徴的なスカーフです。

 

スカーフを高く売るためのコツとは

上述したように、エルメス・シャネル・グッチ・ヴィトンのスカーフは人気が高いことから需要も高く、高く売れるアイテムとなっています。

一般的なノーブランドのスカーフでは高く売ることはできませんが、これら4ブランドのスカーフは高く売れる傾向にあることはご説明したとおりです。

しかし、せっかく高く売れるのでしたら「もっと高く売りたい!」と考えるのが人情と言うものではないでしょうか。

ここからは、これらスカーフをもっと高く売るためのコツについてご説明したいと思います。

 

1.種類およびサイズを把握

エルメス・シャネル・グッチ・ヴィトンの各ブランドにおける種類およびサイズを把握します。

どのブランドもある程度の買取査定金額が付くことが想定されますが、各ブランドのモデルによって人気の高さが違うことも事実です。

そのため、それらに起因して買取査定額も大きく変動しますので、買取査定に出す準備段階として、「このモデルであればいくらくらいの買取査定額となるのか」について調べておくと良いでしょう。

 

2.クリーニングに出さないこと

スカーフは、バッグなどにアクセントとして使用する場合もありますが、頭・首・手首などに巻く使用形態も想定できます。

そのため、直接人肌に触れる機会が多いアイテムであると言えるでしょう。

人肌に直接触れるということは、汗や皮脂などがスカーフへと付着するため衛生面を考慮して使用する前から真っ先にクリーニングに出す方も珍しくありません。

スカーフの売却を考えず、自分自身が最後まで楽しんでスカーフを着用するといったケースではクリーニングに出しても良いでしょう。

しかし、クリーニングに出したは良いが結局は1回も着用せずに売りに出すといったケースがないとも言い切れません。

しかし、買取査定に出すことを前提論として考えるのであれば、全く使用していないスカーフであったとしてもクリーニングに出した段階で新品および未使用品には該当しなくなってしまいます。

そのため、1度も使っていないのにクリーニングに出してしまったが為に新品および未使用品として評価できなくなってしまい、買取査定額が大きく減じてしまう結果となってしまうのです。

次に、使用している間に汚れなどが気になってクリーニングに出してしまうケースです。

こちらも、使用している間に発生する経年劣化などに伴ってどうしても気になってくるのではないでしょうか。

ここで押さえておきたいのは、エルメス・シャネル・グッチ・ヴィトンなどの一流ブランドでは、その素材やデザインについても特段の配慮がなされているということです。

スカーフに対して、非常に緻密な図柄であったり繊細な素材を使用して製造されている場合、クリーニングすることによって非常に緻密な図柄であったり繊細な素材が劣化してしまうことが懸念されます。

特にスカーフはその性質上、色落ちが非常にしやすいアイテムとなっています。

買取査定額を減じられないためにも、衛生面の観点からクリーニングに出すのではなく、そのままの状態で持ち込むことを強くおすすめします。

 

まとめ

ここまで、エルメス・シャネル・グッチ・ヴィトンのスカーフがなぜ今高く売れるのかについてご説明させて頂きました。

これら4ブランドのスカーフがなぜ高く売れるのかについて、ご理解頂けたのではないでしょうか。

今後、エルメス・シャネル・グッチ・ヴィトンのスカーフの購入や売却を考えておられる方方にとって少しでもお役に立てたのであれば幸いです。