ピンクダイヤモンドの価値!なぜ高価買取か?査定額に驚き!!最新の買取相場表も掲載

みなさんは、ジュエリーに興味をお持ちでしょうか。

女性のみならず男性にも人気の高いジュエリーですが、ダイヤモンドがお好きな方も多いのではないでしょか。
ここでは、ピンクダイヤモンドがどんなものなのか、なぜ買取価格が高いのかも含めて徹底解説します。

ピンクダイヤモンドの価値!

ピンクダイヤモンドの価値とは、実際にどのくらいあるのでしょうか。

具体的な資産価値をについてですが、例えば過去に開催されたダイヤモンドオークションなどにおいては20億、30億、といった高額を示されて物もあり、中には88億円という資産価値があると評価されたピンクダイヤモンドもあります。

世界中の多数存在するダイヤモンドコレクターからも一目置かれており、その希少性や資産的価値の高さから非常に注目されている宝石であることから、小さなものでも200万円以上するものが多いと言われています。

そのため、世界中の裕福層によっては身につけるために購入される方もいますが、中には資産保持を主たる目的として高品質のピンクダイヤモンドを購入される人もいるのです。

自然の恩恵によりもたらされた貴重なピンクダイヤモンドには限りがあり、未来においてどれだけ産出されるのかについても分からず、不確定要素が多いことから、その価値は下落することなく現在を維持若しくは高騰することが想定されるため、資産として裕福層からも認知されています。

ピンクダイヤモンドの最新買取相場表

ミキモト 天然ピンクダイヤモンド リング
ミキモト 天然ピンクダイヤモンドリング
ハートシェープピンクダイヤモンド0.1ct
無色ダイヤモンド3石合計0.3ct
状態別:参考買取相場
Sランク:200,000円
Aランク:175,000円
Cランク:125,000円
ピンクダイヤ0.225ct D0.22ct PT900 4.29g
ピンクダイヤ0.225ct
ダイヤモンド0.22ct
PT900
4.2g
ピンクダイヤ評価別:参考買取相場
Sランク:120,000円
Aランク:100,000円
Cランク:70,000円
PT900 センターピンクダイヤモンド0.40ct サイドの無色ダイヤモンド1.1ct
PT900
センターピンクダイヤモンド0.80ct
サイドの無色ダイヤモンド1.6ct
ピンクダイヤ評価別:参考買取相場
Sランク:6,000,000円
Aランク:5,000,000円
Cランク:4,000,000円
Pt900/センターピンクダイヤモンド0.35ct(VVS1・ハート&キューピット)・無色透明ダイヤモンド0.4ct
Pt900
センターピンクダイヤモンド0.31ct(VVS1・ハート&キューピット)
無色透明ダイヤモンド0.37ct”
ピンクダイヤ評価別:参考買取相場
Sランク:1,000,000円
Aランク:800,000円
Cランク:600,000円
Pt900 センター・ハートシェイプピンクダイヤモンド2.18ct
■Pt900
センター・ハートシェイプピンクダイヤモンド1.18ct
ピンクダイヤ評価別:参考買取相場
Sランク:12,000,000円
Aランク:10,000,000円
Cランク:7,000,000円
K18 ダイヤリング D1.00ct 3.9g
Pt900
ピンクダイヤ0.52ct
イエローダイヤ0.54ct
無色ダイヤ1.04ct 
ピンク/イエローダイヤ評価別:参考買取相場
Sランク:3,800,000円
Aランク:3,000,000円
Cランク:2,000,000円

2021年11月17日現在の相場です。
相場は日によって大きく変動します。
上記の表は買取価格を保証するものではございません。

2021年10月ピンクダイヤモンド買取価格表

カラット数1ct買取相場

VVS1
ExcellentVerygoodGood
D896万円876万円856万円
E886万円866万円846万円
F876万円856万円836万円
G866万円846万円826万円
H846万円836万円816万円
VVS2
ExcellentVerygoodGood
D756万円736万円716万円
E746万円726万円706万円
F736万円716万円696万円
G716万円686万円676万円
H696万円666万円656万円
VS1
ExcellentVerygoodGood
D596万円496万円396万円
E566万円466万円366万円
F536万円436万円336万円
G496万円406万円306万円
H466万円376万円276万円
VS2
ExcellentVerygoodGood
D390万円360万円330万円
E360万円330万円300万円
F330万円300万円270万円
G300万円270万円240万円
H2700万円240万円210万円
SI1
ExcellentVerygoodGood
D300万円270万円240万円
E270万円240万円210万円
F240万円210万円180万円
G2100万円180万円150万円
H180万円150万円120万円
SI2
ExcellentVerygoodGood
D210万円180万円150万円
E180万円150万円120万円
F150万円120万円90万円
G120万円90万円60万円
H90万円60万円30万円

\ 買取タマではジュエリーやブランド品の宅配買取を行っております。/
お使いになれれていない指輪やネックレスなどの貴金属類やブランド品がございましたらぜひお送りください♪

無料買取キット申し込みフォーム

買取タマの直近のピンクダイヤモンド買取実績(驚きの査定額!)

K18PG ネックレス D0.320ct VS2 ピンクダイヤモンド
K18PG ネックレス D0.320ct VS2 ピンクダイヤモンド
驚きの買取価格:
125,000円
Pt900ーPt850/ピンクダイヤ0.01ct/普通のダイヤモンド0.09ct
Pt900ーPt850/ピンクダイヤ0.01ct/普通のダイヤモンド0.09ct
驚きの買取価格:
30,000円
K18WG ピンクダイヤネックレス1.00CT
K18WG ピンクダイヤネックレス1.00CT
驚きの買取価格:
100,000円
Pt950 ピンクダイヤモンド0.21ct メレダイヤモンド1.53ct
Pt950 ピンクダイヤモンド0.21ct メレダイヤモンド1.53ct
驚きの買取価格:
150,000円
P900 ピンクダイヤモンド0.26ct メレダイヤモンド1.43ct
P900 ピンクダイヤモンド0.26ct メレダイヤモンド1.43ct
驚きの買取価格:
70,000円
Pt900 ダイヤ0.428ct 脇ピンクダイヤ0.05ct
Pt900 ダイヤ0.428ct 脇ピンクダイヤ0.05ct
驚きの買取価格:
270,000円

ダイヤモンドの歴史とは

ダイヤモンドの起源は非常に古く、現在見つかっているもっとも古いダイヤモンドは約45億年前にできたとも言われています。

ダイヤモンドは、地下深くで炭素に非常に高い温度と圧力が加わることで生成されます。
マグマの噴出とともに地表近くに出てきたことで紀元前7、8世紀頃に人間の目に触れたと言われていますが、最初は硬いだけのただの石だと認識されていました。
しかし、ダイヤモンドに備わっている輝きや美しさに人々は魅了され、今の価値を得るようになったのです。

ピンクダイヤモンドとは

ピンクダイヤモンドは、名前からも想像できるとおり無色透明のダイヤモンドではなく、ピンク色のダイヤモンドなのです。
ダイヤモンド自身も、もちろん高価な宝石として認識されていますが、ピンクダイヤモンドは宝石業界で流通しているダイヤモンドのうち、わずか0.01%未満と言われるほど、本当に稀少なダイヤモンドなのです。

ピンクダイヤモンドの90%以上がオーストラリアで産出

ピンクダイヤモンドは世界全体を見回してもごくわずかな鉱山でしか確認されておらず、そのうち確認されているなかで90%以上の産出量を占めているのがオーストラリアのアーガイル鉱山となっています。

▼アーガイル鉱山

引用元・http://www.tenmaya-j.jp/news/?p=1397

この鉱山は、1979年に発見され、1983年に商業生産を開始しました。
1985年に本格的に採掘を開始し、世界最大の採掘量を誇ります。
世界のダイヤモンドの約1/4にあたる年間約6トン(約3000万ct)もの原石を採掘していますが、宝飾品向けのダイヤモンドは約1%にすぎず、残りの99%は工業用ダイアモンドに使用されています。

その中でも、ピンクダイヤモンドは、宝飾品向けの中の1%しかありません。

ピンクダイヤモンドの価値はこれからさらに上昇?

アーガイル鉱山からピンクダイヤモンドが取れるのも、わずか数年ではないかとささやかれています。
そのため、ピンクダイヤモンドの価値は今後さらに上がることが予想されているのです。

ピンクダイヤモンドはなぜピンク?

ピンクダイヤモンドは、天然のピンク色を最大の特徴としていますが、自然の中で長い年月をかけて作り出されたものと考えられていますが、どうしてピンク色になるのかは未だ解明されていません。

また、ダイヤモンドが結晶化する際に窒素が取り込まれる事によってピンク色になると言われており、窒素の量によってはピンクだけではなく赤色にもなり、赤色になったダイヤモンドはレッドダイヤとして宝石業界に流通するのです。

ピンクダイヤモンドの種類

なお、ピンクダイヤモンドの種類は多種多様であり、。これらを総称してピンクダイヤモンドと称されています。

色に対する等級

・ファンシーピンク
・フェイントピンク
・ファンシーインテンスピンク
・ファンシービビットピンク
・ライトピンクなど

種類

・オレンジッシュピンク
・ピンク
・ブラウニッシュピンクなど

ピンクダイヤモンドの宝石言葉とは

ピンクダイヤモンドの宝石言葉は、完全無欠の愛を示しています。

これは、永遠の愛を象徴しておりパートナーとの絆を深めてくれる効果があるとされています。
そのことから、婚約指輪や結婚指輪として送られる方も多くなっているのです。

また、ピンクダイヤモンドには邪気から身を守り、持ち主に幸せを運ぶとも効果があると言われています。
運気を引き寄せたいときや守護石が欲しいときなどにもピンクダイヤモンド最適であると言えるでしょう。

ピンクダイヤモンドの査定額について

ピンクダイヤモンド 指輪

希少価値の高いピンクダイヤモンドを買取に出す際、知っておいた方が良いポイントはどこにあるのでしょうか。
ここでは、選び方のポイントについてご説明したいと思います。

重さ

カラットは、ピンクダイヤモンドの重さを表す単位となっています。
具体的には、「1ct=0.2g」で表されており、カラットの数が大きいほど資産価値は高くなります。

透明度

クラリティは、ダイヤモンドの透明度を表す単位となっています。
透明度は、インクルージョン(内包物)と、ブレミッシュ(表面の傷や欠け)のありなしや大きさによって評価されるのです。
インクルージョン・ブレミッシュがなかったり、小さかったりするピンクダイヤモンドほど、買取値段は高くなります。

輝き

ピンクダイヤモンドの評価の基準のなかで、唯一自然に依存した要素が輝きです。
職人の技術に委ねられた、要素となることから後天的に付与される要素と言えるでしょう。
なお、上述した要素の中で最も重要な評価基準が輝きとなります。

人工と天然のピンクダイヤモンドの違い

また、ピンクダイヤモンドは非常に稀少な宝石のため、一般的な宝石店では人工処理(トリートメント)されたものが流通しています。

人工と天然のピンクダイヤモンドの違いは、ピンク色の鮮やかさと透明度の高さにあります。
人工のピンクダイヤモンドは、後天的に着色されている宝石となっていますので色が均一化されています。
天然のピンクダイヤモンドのなかには、ブラウンなどの色が混ざってしまっているものもありますが、にごりのないピンク色であり透明度も人口と比べると高くなる傾向にあります。
人工的に色付けされたピンクダイヤモンドにはあまり高価買取になりませんので気をつけて下さいね。

▽ピンクダイヤモンドの買取実績・査定額に驚き!

まとめ

ここまで、ピンクダイヤモンドについてご説明させて頂きました。
ピンクダイヤモンドは産出数の少なさに起因する希少性から、買取価格が非常に高価となっている宝石なのです。そのため、ジュエリーとしての価値が通常のダイヤモンドよりもはるかに高いことが伺えるのではないでしょうか。


\ 買取タマではジュエリーやブランド品の宅配買取を行っております。/
お使いになれれていない指輪やネックレスなどの貴金属類やブランド品がございましたらぜひお送りください♪

無料買取キット申し込みフォーム