トパーズは色によって値段が違うの?評価のポイントとは?トパーズの買取相場も掲載

買取くん

突然ですが、トパーズというとみなさんは何色の石を想像するでしょうか?和名が「黄玉」ということから、透明な黄色の石と誤解されがちですが、トパーズはトルマリンやガーネットと同様に色が豊富で、レッド・ピンク・オレンジ・ブルー・無色透明などさまざまなカラーがあります。黄金色に輝くトパーズはもちろん美しいですが、その他の色合の石もとっても魅力的なんですよ!

今回のタマ通信では、トパーズについて30万個以上のジュエリーを鑑定してきたベテラン鑑定士が解説します。
トパーズの色の違いと値段・評価のポイントについても説明するので、トパーズを売りたいと思っている人必見です。

ぜひ最後まで読んでみて下さい。

トパーズってどんな石?トパーズの語源や歴史とは?

まずはトパーズについて解説します。

トパーズの語源

トパーズの語源には複数の説があります。

1.サンスクリット語で火をあらわす

トパーズという名前の語源は、サンスクリット語で「火」をあらわす「タパス(tapas)」からという説が知られています。

サンスクリットは、古代インド・アーリア語に属する言語。インドなど南アジアおよび東南アジアにおいて用いられた古代語。

引用元・wikipedia

かつてのインドでは、その色合から「火の石」と呼ばれたためこの名がついたそうです。

2.ギリシャ語で探し求めるという意味をあらわす

もう一つヨーロッパを源する説として、「探し求める」という意味のギリシャ語「トパゾス(topazos)」に由来した名前だとするものがあります。
トパーズが豊富に産出された紅海のセント・ジョン島が、濃い霧に包まれ探しにくかったことからこの名がついたという説です。

トパーズの歴史

トパーズは古代エジプトの時代より人々に愛され、古代ローマでは男性たちが指輪として好んで身に着けました。
その黄色の色合から人を活性化させる太陽神の象徴とされ、護符とされたそうです。

歴史的な背景によるものからか、高い評価を受ける黄色系のトパーズは「インペリアルトパーズ」と総称され、「皇帝」という名が付いています。

トパーズの硬度

宝石はモース硬度と言って、1~10の硬さであらわされます。
トパーズの硬度は「8」で色石の中でも硬く、研磨するとカラーダイヤモンドにも似た美しい光沢が生まれます。
ただ硬度は高いものの、劈開性があるため割れやすい一面もあり、慎重に取り扱う必要があります。

トパーズジュエリー中古買取相場

K18WG ブルートパーズ31.05ct・ダイヤ0.07ct 10.1g
K18WG ブルートパーズ ネックレス 31.05ct・ダイヤ0.07ct 10.1g
状態別:参考買取相場
Sランク:46,000円
Aランク:44,500円
Cランク:40,000円
天然ブルートパーズ指輪 13.16ct D0.02ct Pt900
天然ブルートパーズ 13.16ct D0.02ct Pt900
状態別:参考買取相場
Sランク:40,000円
Aランク:36,000円
Cランク:26,000円
ブルートパーズ指輪 K18 BT3.0 D0.3 3.4g
ブルートパーズ指輪 K18 BT3.0 D0.3 3.4g
状態別:参考買取相場
Sランク:38,000円
Aランク:33,000円
Cランク:25,000円
K18 天然グリーントパーズ2.20ct D1.35ct 29.08g
K18 天然グリーントパーズ指輪 2.20ct D1.35ct 29.08
状態別:参考買取相場
Sランク:250,000円
Aランク:240,000円
Cランク:210,000円
K18 トパーズ/ダイヤ ネックレス 3.5g
K18 トパーズ/ダイヤ ネックレス 3.5g
状態別:参考買取相場
Sランク:28,000円
Aランク:26,000円
Cランク:20,000円
Ponte Vecchio  K18WG ブルートパーズ 9.1g
Ponte Vecchio  K18WG ブルートパーズ 9.1g
状態別:参考買取相場
Sランク:56,000円
Aランク:50,000円
Cランク:30,000円

上記の相場は2021年9月28日現在の相場です。
相場は日によって大きく変動します。
上記の表は買取価格を保証するものではございません。

トパーズの値段について!色によって値段の違いはある?評価のポイントは?

ブルートパーズペンダント

トパーズの評価のポイント

どの色に関しても色石全般を評価する3つのポイントがあります。
それは「色」、「内包物(インクルージョン)」、「輝き(テリ)」です。

順番にみていきましょう。

色については、他の色石と同様に濃くなればなるほど評価が高くなります。
ただし、最高の色を通り越して黒みを帯びてきているものはマイナスとなります。

内包物(インクルージョン)

内包物も少ないほど評価は高くなりますが、天然の宝石に内包物は付き物なので美しさを損ねない限りはそれほど気にすることはありません。

輝き(テリ)

この2点に、どれだけ輝きが美しいかという点を加えて総合的な評価となります。

トパーズの色と値段の違い

トパーズの色ごとの評価の違い
レッドトパーズ
(5.0)
インペリアルトパーズ(シェリーカラー)
(4.0)
ピンクトパーズ
(3.0)
インぺリアルトパーズ(イエローカラー)
(2.0)
ブルートパーズ
(1.0)

このようにトパーズは色によって評価が違い、値段が変わってきます。
では、それぞれ詳しくみてみましょう。

レッドトパーズ

レッドトパーズ

トパーズの中でも最高の5つ星評価なのがレッドトパーズ。赤い色は、内包物に酸化クロムが入り込むことによって生まれます。美しい色合いの石は圧倒的に少なく、大粒の石となるとブルートパーズの数百倍から時には千倍ほどの価値を持つものもあります。

インペリアルトパーズ(シェリーカラー)

インペリアルトパーズ(シェリーカラー)

シェリーカラーは熟成されたシェリー酒のような、渋みのあるオレンジ色を帯びた黄色の色合が特徴。濃い色になるほど高い評価となります。

3ピンクトパーズ

ピンクトパーズ

ピンクトパーズはピンクダイヤモンドにも似たピンク色に輝き、「ローズトパーズ」と呼ばれることもあります。褐色系の色味が入らないピンク色で、濃度が高いものほど評価が高くなります。

インぺリアルトパーズ(イエローカラー)

インぺリアルトパーズ(イエローカラー)

イエローカラーはシェリーカラーと比べるとやや迫力に欠けるところがあり、2つ星評価になります。

5.ブルートパーズ

ブルートパーズ

ブルートパーズはアフリカやマダガスカルなど世界各地で産出されていることから希少価値が低くなっています。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
今回はトパーズの値段の違いについて解説しました。

トパーズを売るときや買うときは参考にしてみてください(*´▽`*)


\ 買取タマではジュエリーやブランド品の宅配買取を行っております。/
お使いになれれていない指輪やネックレスなどの貴金属類やブランド品がございましたらぜひお送りください♪

無料買取キット申し込みフォーム