エメラルドに込められた意味とは?四大宝石【エメラルド】の魅力に迫る

エメラルド 宝石

本日のTAMA通信は、いつの時代も多くの人々に愛されるの宝石「エメラルド」についてお話します。
エメラルドには意味があるのがご存知ですか?
大切な人にプレゼントしたり、自分で身につける際に意味を知るとさらに特別な気分になりますよね?

今回はエメラルドに込められた意味、エメラルドの魅力についてベテラン鑑定士が詳しく解説していきます。
ぜひ、最後まで読んでみて下さい。

エメラルドに込められた意味とは?エメラルドってどんな石?

エメラルド 指輪

エメラルドに込められ意味・パワーストーンとしても人気

エメラルドは5月の誕生石としても有名ですが、「幸運」「愛」「健康」「希望」「新たなスタート」などの石言葉があり、「結婚」や「家庭円満」のお守りとして人気のパワーストーンでもあります。

エメラルドとは?エメラルドの歴史

ダイヤモンド、ルビー、サファイアと並んで「四大宝石」とも呼ばれるエメラルドは、心安らかにしてくれる色でありながら、強く心に訴えかけてくる緑色の宝石です。
エメラルドが放つ個性は、いにしえの時代から人々を魅了し続けてきました。

クレオパトラ、アレキサンダー大王、ナポレオンなど、幾多の権力者がエメラルドに魅了された人物として歴史にその名をとどめています。
人とエメラルドの関わりは、旧誓約書の時代にはすでに始まっていました。

神と地上の人間との繋がりを象徴する石として崇拝の対象になっていたと記されています。
時の権力者にとって、エメラルドは美しさだけにとどまらず、力を与えてくる色石として身に着けるものでもありました。

クレオパトラはエメラルドを愛してやまず、エメラルド鉱山を所有し、そこから掘り出されたエメラルドに囲まれて暮らしたと言われています。
アレキサンダー大王も、必勝を期して遠征に赴く際には、大粒のエメラルドを携行していました。

エメラルドの鉱物名はベリル(緑柱石)

エメラルド 石

エメラルドは鉱物的には、ベリル(緑柱石)に属します。

ベリルに属する宝石には、他に海水青色のアクアマリンや可愛らしいピンク色のモルガナイト、黄金色のヘリオドールやゴールデンベリル、無色のゴッシュナイトがあります。

アクアマリンの指輪が美しすぎる…!アクアマリンの魅力に迫る!

エメラルドの評価のポイント

エメラルド ネックレス
エメラルドを評価する際に覚えておきたいのは、産出する国によって色合いに独自の特徴があることです。
原石は地中で他の岩に付着するかたちとなっていて、この岩を母岩といいますが、母岩の違いによってエメラルドの色合いが異なってきます。
また地域によって異なる地層の違いから、含有される金属元素の量などが異なり、これがエメラルドの色相に影響を与えていきます。

これらの要因によって、同じエメラルドでも、美しさに違いが生まれるのです。

まとめ・エメラルド高価買取中!

買取タマはジュエリー・貴金属、ブランド品の買取と販売を行っている会社です。
お使いになられていない指輪やネックレスなどの貴金属類はございませんか?

もちろん、石の付いていないプラチナや金製品も買取り可能です。
往復の送料無料!女性鑑定士が1点1点丁寧に査定させていただきますので売るのが初めてという方でも安心してご利用いただけます。

ぜひTAMAの宅配買取をご利用くださいませ。
皆様のご利用を心よりお待ちしております。


\ 買取タマではジュエリーやブランド品の宅配買取を行っております。/
お使いになれれていない指輪やネックレスなどの貴金属類やブランド品がございましたらぜひお送りください♪

無料買取キット申し込みフォーム